クレジットカードは年会費無料が一番

クレジットカードの比較や年会費無料、人気、マイルなど様々なクレジットカードの情報をお届けします。
MENU

年会費無料で、7000ポイントもらえます!

 

楽天カード

楽天カード新規入会でもれなく2,000ptプレゼント

クレジットカード 年会費無料

クレジットカードを利用するなら、「年会費無料」+αの特典があるものを利用しましょう。

 

 

このサイトでは様々なクレジットカードの比較情報を書いていますが、年会費が無料で+αのお得な特典があるのは間違いなく楽天カードになります。

 

 

年会費は永年無料で楽天市場ですぐに使える7000ポイントもらえます。カードを作るだけでこれだけもらえるのは楽天カードだけですので、持っていて間違いない1枚です。

 

<楽天カード公式ページへ>

楽天カード

(楽天で欲しいものがあるなら、すぐにつくりましょう。)

 

 

ー目次ー

 

当サイトではクレジットカードの年会費無料やポイントなどを総合的に紹介しております。各ページはこちらになります。

 

1、クレジットカードおすすめランキング

 

2、クレジットカード 審査

 

3、クレジットカードのポイント別おすすめ

 

あなたの利用頻度が高いポイントは?
Tポイント

 

PONTA

 

楽天スーパーポイント

 

nanaco

 

dポイント

 

WAON

 

 

4、学生におすすめのクレジットカード

 

5、クレジットカードのマイル情報

 

6、クレジットカ―ド Q&A

 

クレジットカード 年会費

クレジットカードには年会費が必要なものと、必要あるものがあります。

 

 

年会費が必要ないもの(年会費無料)の特徴としては費用が全く必要なく利用ができますが、その分ついているサービスの質やポイント還元率は下がります。

 

 

それに対して年会費の必要なものは、費用は毎年かかりますがその分ポイントの還元率やついているサービスの質が高いです。年会費が必要なクレジットカードの場合はある程度のまとまった買い物をしないと損をしますので、最初は年会費無料のもので十分です。

 

 

年会費の必要なクレジットカードの特典を受けるために数万円以上の買い物が必要であったり、場合によっては毎年1万円の年会費を支払わなければなりません。

 

 

実はその必要な額まで届かずに、会費を払っているクレジットカーどのメリットを活かせていない方がほとんどなのです。

 

 

それならば、年会費無料でクレジットカードを作って、支払う予定の年会費で買い物をしたり、ポイントと貯める方がよほどメリットがあると思います。

 

目次へ


クレジットカード ランキング

クレジットカードの年会費無料のランキングをご紹介します。

 

 

年会費は無料で当たり前。そこに特典が多いクレジットカード利用すればよりメリットも高くなります。そこでここではいろんなクレジットカードの比較ランキングを紹介します。

 

 

ランキングの基準は、発行枚数と注目度や各カードのポイントなどを当サイトで独自に調査をした結果でご紹介をしております。審査に関しては甘いものもありますし、厳しめとなるものもあいます。

 

 

クレジットカード 年会費無料ランキング

楽天カード

楽天カードの特徴

貯めたポイントは楽天なので幅広く使えます。

有名オンラインショップの楽天が発行をしているカードです。年会費は永久無料。楽天が多くのキャンペーンを行っており、参加をすることにより追加でポイントをもらうことができます。

毎週土曜日は「楽天感謝デー」を行っており、楽天市場を利用で3%還元。楽天市場、楽天トラベルで航空券や旅行などを使う予定がある方は一枚はもっておきたいカードです。

カード入会で、発行されればすぐに使える5000ポイント(キャンペーン時は7000ポイント)があるのでかなりお得なカードです。発行枚数も他と寄せ付けない強さです。

価格 無料円
評価 評価5
備考 2年目以降も年会費はずっと無料
楽天カードの総評

ポイント優遇率


楽天市場の利用でポイント2倍

ポイント最小交換単位


1P

チャージ付与率


モバイルSuica 1%

提携ポイント


普通

キャッシュバック


不可

海外旅行保険


2000万円(利用)

国内旅行保険


なし

付帯サービス


ネット不正あんしん制度、紛失、盗難保証など

 

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!JAPANカードの特徴

Yahoo!ショッピング利用は還元率3%になります。


Yahoo!ショッピングの利用で毎回3%還元。日々のカード利用でもTポイントが1%貯まります。


月額490円(初月無料)でプラチナ保証に入ると日々の様々な事故やキャンセルやトラブルなどがすべて補償対象になります。

価格 無料円
評価 評価4.5
備考 2年目以降も無料
Yahoo!JAPANカードの総評

ポイント優遇率


Yahoo!ショッピング。LOHACO利用で還元率3%。

ポイント最小交換単位


1P

チャージ付与率


モバイルSuica 1%

提携ポイント


普通

キャッシュバック


不可

海外旅行保険


なし

国内旅行保険


なし

付帯サービス


ショッピング保険(年間限度額100万円)など

 

Recruit Cardの特徴

年会費無料で、還元率の高さが魅力的

リクルートカードプラスより還元率は低いですが、年会費が無料です。ポイント交換先は自社系列に限られていますが、Pontaの統合でコンビニなど幅広い業態で使えるようになりました。


ただし、ポイント手続きに手間がかかるのが難点です。

価格 無料円
評価 評価4
備考 2年目以降も無料
Recruit Cardの総評

ポイント優遇率


じゃらんやポンパレ、モールなどで還元率があがります。

ポイント最小交換単位


1P

チャージ付与率


モバイルSuica 1.2%

提携ポイント


少ない

キャッシュバック


不可

海外旅行保険


2000万円(利用)

国内旅行保険


1000万円(利用)

付帯サービス


ショッピング保険(年間保険限度額200万)など

 

 

目次へ

クレジットカード 審査

クレジットカードの発行を申し込みをすると、すぐに発行をされるものではないです。

 

 

基本的には各社、絶対に審査を行います。審査の目的は、キャッシングとよく似ており貴方の「返済能力」がとても大事になります。

 

 

クレジットカードを発行すると言うことは、一時的ですはあなたのお金を貸すと言うことになります。しかし、全く返済ができそうにもない人のカードを発行してショッピングなどに使われてもお金はかえってくることはありません。

 

 

そのような観点から考えてみてもあなたの「返済能力」は大事です。もちろん過去にお金に関する利用もチェックします。

 

 

これは信用情報と呼ばれており、あなたの今までのキャッシング、クレジットカード、銀行などお金に関するあらゆる情報が一カ所に集められてている情報になります。これは各金融機関が共有をしていますので、キャッシングでブラックになっているなどの情報もすべてわかります。

 

 

もし、何か思い当たるからは信用情報の開示もできますのでこちらから依頼をしましょう。

 

 

アヴァンス行政書士法人で信用情報開示

 

 

クレジットカードの審査の流れ

クレジットカードの審査は基本的の、申し込みをされた会社が行っています。

 

 

そのため、あなたの申し込みをした情報をかなり詳しくみています

 

 

入会申し込み書類とチェック

最初にあなたが記載をした、もしくはパソコンから入力をした情報をもとに審査のシステムが自動で行います。もちろん、人の目のチェックも入ります。

 

 

その際に申し込みに不備や記載漏れはないか?など最低限のチェックが入ります。

 

 

この際に記載漏れなどがあると、再度記載を依頼されたり入力不備で再度入力をすることになりますので気を付けて申し込みをするようにしましょう。

 

 

データベースにより信用情報の確認を行う

申込内容に不備がないことの確認がおわると、次にデータベースであなたの個人情報を確認します。

 

 

過去に自社(クレジットカード会社)で不払いや金融事故を起こしていないか?をみます。また、金融業界で共有をしている信用情報のデーターベースであなたの個人情報も照会に欠けます。

 

 

過去に、クレジットカードやキャッシングで不払いや返済遅延と続けている場合にはブラックリストとして入っている可能性があります。ブラックリストはお金に関する問題児として扱われますのでクレジットカードを発行することはむずかしいかもしれません。

 

 

担当者がチェックをする

最終的にはデーターベースを見た上で人の目のチェックが入ります。

 

 

この時点で問題がなけれクレジットカードを発行してもらえる可能性も高まります。

 

 

審査の段階で、発行を前にあなたの会社へ在籍確認で電話がある可能性があります。これは、あなたの申し込み情報にウソがないかと確認するためとあなたの対応をみていますのでしっかりと対応をするようにしましょう。

 

 

目次へ


クレジットカード ポイント

クレジットカードを作る際に大事なことが「ポイント」です。

 

 

クレジットカードを使っているのに何のポイントもためていないなんでもったいなすぎます。もちろん利用をするカードによってもらえるポイントも違いますのでここではクレジットカードで手に入れることができるポイントを紹介します。

 

 

こちらのポイントの評判情報を参考にしていただき、普段から利用の多いポイントのクレジットカードを契約するとお得です。

 

 

Tポイント

こんな人におすすめ

 

・ファミリ―マートでよく買い物をする方
・TSUTAYAでよくレンタルをする
・Yahoo!ショッピングを利用している
・クイーンズ伊勢丹によく足を運ぶ

 

Tポイントは、会員数5952万人、提携店56万店を誇る共通ポイントの代表格になります。

 

 

2003年にスタートをして吉野家、東京電力と業務提携を図りTポイントがそのまま電子マネーになる「Tマネー」を導入したりするなど常に話題を集めてきました。

 

 

そんなTポイントを最も活用する方法としてはファミリマートは外せません。2007年にTポイントを導入すると同時にファミマTカードを発行して利用回数が多くなるほど還元率も高まるファミマランクやカードの日など、ファミマをよく利用する人に付加価値を与えました。

 

 

またリアル店舗以外のネットショッピングでも利用が可能でYahoo!ショッピングなどのネットショップとの提携も多いです。他にも2015年秋からソフトバンクユーザー限定でファミリーマート、ガスト、TSUTAYAを利用することでTポイントが3倍付与されるなサービスもはじまっています。

 

 

2016年3月にハックドラッグ、サークルKサンクスなどもファミマと経営統合をしますので今後のTポイントの利便性に注目ですね。

 

入会&利用でもれなく5,000円相当のTポイントプレゼント

 

目次へ

 

PONTA

こんな人におすすめ

 

・ローソンでよく買い物をする
・じゃらんnetやホットペッパーグルメなど
・リクルートのサービスをよく利用する
・JALグループの飛行機の乗ることが多い

 

PONTAは2010年3月にサービスを開始しました。会員数は7000万人を超えており、提携店舗もすでに14万件を超えています。

 

 

ローソンやケンタッキー・フライド・チキンなどなじみの深いお店でつかるのが魅力ですね。最近では、関西電力、関東電力、東北電力、NTTドコモ、JALなどの生活インフラ会社とも提携をしており、日常生活のあらゆるシーンで利用が可能です。特に電気料金は毎月の固定のお金なので、ポイントもためやすいというメリットがあります。

 

 

2016年2月からにはリクルートポイントが統合をしリクルートが運営をする各サイトでもポイントが貯まるようになりました。

 

 

また、クレジットカードとの相性もよく支払いに利用をすれば通常よりも高い還元率でポイントと獲得することができます。他にもかわいらしいキャラクタ―を使っておりスマホのアプリなどでもポイントが貯まるため遊び心もあります。

 

 

日々の買い物の支払いがお得になる以外にもゲーム感覚でポイントを貯められる楽しさがあります。

 

目次へ

 

楽天スーパーポイント

こんな人におすすめ

 

・楽天グループのサイトでよく買い物をする
・ANAのマイルをためている
・スマホでよくお店を検索する

楽天スーパーポイントの会員数がのべ1億人以上いるとも言わており日本の国民が使っている計算となりますね。「楽天市場」「楽天ブックス」「楽天トラベル」「楽天証券」とポイントが貯まるサイトが多いのは特徴です。

 

 

もちろん、ネットショップ以外にもリアル店舗でも提携先が多いです。店舗で楽天ポイントカードを提示すれば0.5〜1%のポイントが加算をされ、貯めたポイントは1P=1円として利用をすることができます。

 

 

例えば、楽天市場で獲得をしたポイントをサークルKサンクスでで買い物をしたり、ミスタードーナッツで貯めたポイントを「楽天トラベル」の支払いに使ったりとネットとリアルの相互利用はできることが魅力です。

 

 

リアル店舗で買い物をするにはカードを持ち歩いて良いですが、スマホのユーザーなら登録をしておけばいつでも利用が可能です。

 

 

楽天スーパーポイントは、キャンペーンの数が多いのも魅力です。「期間中はポイント〇倍」「クリックするだけでポイント山分け」などおキャンペーンが常に行われておりポイントを貯めるチャンスが多い点も魅力です。

 

 

「楽天スーパーポイントプログラム」は、最大7倍のポイントを獲得できる点も見逃せないです。ポイント機能がついていたり、クレジットカードの種類が増えており提携をしている店舗を着実に増えていますので今後も利便性はどんどん高まっていきそうですね。

 

楽天カード新規入会でもれなく2,000ptプレゼント
(カード発行で5000pもつきます。合わせて楽天で7000pの買い物が可能)

 

目次へ

 

nanaco

こんな人におすすめ

 

・コンビニはセブンイレブンに行くことが多い。
・セブン銀行に口座を持っている。
・イト―ヨーカドーによく買い物に行く。
・JCBのカードを持っている

nanacoは1万8000件の店舗を要するコンビニでも最大手のセブンイレブンで利用をすることができます。

 

 

 

セブンイレブンと同じグループのイトーヨーカドーやデニーズ、ビッグカメラ、ココカラファイン、ミスタードーナツ、セイムスなど生活に密着をしていた店舗でもポイントを貯められるので利便性は非常に高いものとなっています。

 

 

セブンイレブン、イトーヨーカドーでは100円で1Pが付与をされますがボーナスポイントや各種割引も多いです。貯まったポイントは1ポイント1円でnanacoカードにチャージをすることができ買い物にももちろん利用ができます。

 

 

対象のクレジットカードでチャージをすればクレカのポイントとnanacoポイントの2重取りもすることができます。

 

 

nanacoをうまく活用するにはキャンペーンを見逃さないこと。イトーヨーカドーが実施をしている「8の日はハッピーデー」では食料品、衣料品、住まいの品のほとんどが全品5%割引。また、アリオ、イトーヨーカドーで専門店街ではポイントが2倍になります。

 

 

セブンイレブンでも対象商品を買うとボーナスポイントがもらえるキャンペーンも随時行っておりポイントを一気に獲得をすることも可能です。このような情報は公式ページなどに記載をされていますのでこまめにチェックをしましょう。

 

目次へ

 

dポイント

こんな人におすすめ

 

・NTTドコモユーザーである。
・Pontaポイントを貯めている
・コンビニはローソンでよく買い物をする
・JALのマイルをたくさん貯めたい

dポイントは2015年12月にドコモポイントから移行をして誕生をした後発の共通ポイントです。

 

 

ドコモユーザーが得られるメリットが高いのですが、ほかのユーザーでもローソンなどを利用するなら利便性は高いですね。会計時にカードを提示すれば100円で1P貯まり、dカードなら最大5%還元されます。

 

 

また、2016年に入り、イオンシネマ、BLUE SKY、オリックスレンタカー、NEXCO中日本などとの提携を進めており利用範囲の拡大、他のキャリアユーザーでもお得感があるカードとなっています。

 

 

Pontaポイントとの相互交換ができる点もメリットが高いですね。Pontaカードがカバーをする店舗は多岐にわかっている点もメリットがあり、貯めたポイントを気軽に使えます。また、JALのマイルとの交換可能となっておりポイントはdカードの「iD」の利用額に充当でき用途は広い。

 

 

ポイントと貯めるとステージが上がりサイズアップやサンマルクカフェが優待価格になるなど身近なお店でもお得なサービスを受けることができます。

 

 

さらに歩くだけでポイントが貯まるスマホアプリなど先行する共通ポイントに引けを取らないサービスも展開。ドコモポイントの時を比較をして、使い勝手が各段のよくなった点は魅力的ですね。

目次へ

 

WAON

 

こんな人におすすめ

・コンビ二はミニストップを利用する
・生活圏内にイオングループの店舗がある
・イオンのネットショップでよく買い物をする
・イオン銀行に口座を持っている

イオングループを中心に、様々な店舗で利用が可能なWAON。犬のイメージキャラクターと「ワオン!」という決済音が印象的です。

 

 

全国各地で「ご当地WAON」を発行しており、コレクターも多いのが特徴のカードです。ご当地ワオンを利用すると、買い物で利用する代金の一部が自治体や地域活動に関する基金に気をされます。

 

 

また、「サッカー大好きWAON」も数種類発行をされており、これも利用代金の一部が地域活性化に充てられます。

 

 

WAONポイントの還元率は0.5%(200円で1P)と他のポイントカードと比較をすると見劣りをしますが、全国のイオンでポイントが2倍になる「お客様わくわくデー」、5%が割引される「お客様感謝デー」など様々なキャンペーンを実施しています。

 

 

これらのキャンペーンをタイミングよく利用すればうまくポイントを集めることも可能なので還元率をカバーできます。

 

 

WAONと相性によいコンビニは、イオングループのミニストップです。対象商品を買うと、ボーナスポイントがもらえたり、WAONでクーポンに登録をするとミニストップのソフトクリームが20円引きになったりとWAON限定のキャンペーンも多いのが特徴です。

 

 

<イオンカード公式ページ>

 

目次へ


クレジットカードの現状と安心

クレジットカードを持っている人がどれくらいいて、利用者はどれくらいなのしょうか?

 

 

現金に代わる支払い手段として手軽さや融通性という点でかなり世の中に普及をしています。日本国内におけるクレジットカードの流通枚数はなんど2億枚と言われています。

 

 

男女ともに利用をされていますが特に30代以上の契約者が多いです。

 

 

クレジットカード決済が可能な店舗が多くなっていると思われていますが、実はデータを見ると地方都市での契約者数が伸びていることがわかります。申込数や契約数は増加傾向にあり、多彩で多機能なクレジットカードの利用頻度はこれからの伸びていくでしょう。

 

 

最近はカード自体と持ち歩かず、スマホのデータに入っているケースが多いのでより便利になっていますね。

 

 

クレジットカードの流通数

2015年3月末の時点で、カードの発行枚数は2億5890万枚になるといわています。

 

 

2013年3月末が2億5979万枚、2014年3月末が2億6722万枚となっており2011年からはほぼ横這い状態となっています。しかし、常に2億5000万枚を超えていますので日本の国民で考えてみた場合には1人2枚は持っている計算になります。

 

 

クレジットカードの契約数が多い都道府県は?

契約数では岡山、東京、神奈川の順となっています。その逆に沖縄、宮崎、福井の3県はあまり契約が伸びていません。

 

 

人口の多い東京が2位となっており1位は岡山です。ちなみに上位から、岡山、東京、神奈川、兵庫、広島、千葉、奈良、滋賀、三重、愛知となっており岡山〜奈良までの契約率は200%を超えています。

 

 

クレジットカードの契約で多い世代と性別は?

性別ではかなり拮抗していますが、男性が51.1%に対して、女性は48.7%となっていますのでほぼ半数ずつという印象です。

 

 

過去3年のデータを見てもそこまで大きな差はないですね。契約数の多い年代は61才以上が最も多く28.7%、41〜50歳が23.5%、51〜60歳までは20.8%となっており以外にも61歳以上の契約者数が多いことに驚きます。

 

 

1枚のクレジットカードの所有期間は5年以上の方が多い傾向にあります。

 

 

主にポイントとためて利用をしている顧客が多いので利用年数は長くなっている傾向にあります。

 

 

クレジットカードを選ぶ際には、自分が普段から利用をしているポイントサービスのあるクレジットカードを選択すれば間違いないでしょう。

 

 

目次へ

クレジットカード 還元率

クレジットカードを多く持っている人がいるのは事実ですが、実際にクレジットカードを作る際に大事なことはポイントの還元率です。

 

 

特によく買い物をするサイトのクレジットカードを持っているとかなりメリットも高くなりますが、その反面使わない滅多に使わないポイントのクレジットカードを持っていても仕方がありません。

 

 

そこで、大事なことはポイントをよく使うクレジットカードを持つことと、還元率の高いクレジットカードを持つようにすることです。

 

 

今持っているカードと、実際に自分の消費がマッチをするカードを利用しましょう。もし今持っているカードよりもそちらの方がメリットが高いならば、年会費無料であったとしてもそちらは解約をして新しいクレジットカードに乗り換えをする方がメリットも高いです。

 

 

企業側もポイントの有用性を重要視しており、矢野経済研究所の調査によるとポイントサービスの市場規模は年々拡大傾向となっており、都市ガスや電気の自由化も勢いに拍車をかけることとなりますので2020年度までにポイントの市場規模は2兆円にも上るのでは?と言われています。

 

 

もちろん、顧客側もポイントの制度を利用した方がメリットが高いことも理解をしてますので、クレジットカードを使ってポイントを貯める方法にも使っています。

 

 

ポイントサービスを利用する理由

@よく商品(サービス)を購入(利用)する企業だから

 

 

A還元率が高くポイントが貯まりやすいから

 

 

Bポイント交換できる商品(サービス)が魅力的だから

 

 

このように、自分がよく利用をするお店から発想をしてお得度の高いポイントを決めている方は多いことがお分かりいただけます。

 

 

ポイントはピンポントでゲットする

クレジットカードはどこでも利用ができても、ポイントを貯めることはカンタンではありません。

 

 

中には利用金額の10%が付与される、特定の店舗で利用をすれば高還元でポイントがつくなどメリットも高くなっています。

 

 

もちろんどこで利用をしても高還元のポイントをもらうことができればよいのですが、サービスにも限界がありますのであなたが最もよく使うポイントがあるクレジットカードを利用してください。

 

 

結局普段から使うポイントサービスが付随をしているクレカを持てばピンポイントで貯めていくことができますのでメリットも高くなります。楽天ポイントを中心にしていくなら、楽天カードを。Tポンとをよく使うならYahoo!カードを持つことがよりポイントの還元率を上げてお得に使う近道となります。

 

 

目次へ


クレジットカード 学生

クレジットカードが学生でも作る事が出来るのでしょうか?

 

 

これは可能です。ただし、年齢や学生の種類によっても審査に申し込みができない場合もありますので理解をしておきましょう。

 

 

クレジットカードはその場の現金がなくても買い物や食事を楽しむことができるメリットがありますので利便性も高く便利なのですが、その分後から驚くほどの請求がきて大変なことになると言うことも考えられます。

 

 

特に学生でも若いうちは保護者の目が行き届くようにしておく方が良いでしょうね。

 

 

一般的に言われている学生のクレジットカードですが、中学生、高校生は不可です。専門学校、短大、大学、大学院は借入が可能となりますのでうまく活用をして下さい。

 

 

また、クレジットカードの中には18〜25歳までの学生の年代へ向けて発売をしており、学生証がないと作成できないクレジットカードもあります。

 

 

クレジットカードを学生が作るには?

年齢で分けても難しいと思いますので、こちらに表にしてまとめて見ました。

 

 

実際に作ることが出来る年齢や学生区分も記載をしていますので参考にして下さい。

学生の種類

作成の可否

詳細

大学生

大学名に関係なく作成が可能です。

専門学生

専門学校生なら作成可能です。

短大生

短大生も可能です。

大学院生

大学院生は基本的に作成可能となっていますが、カードの年齢制限がある場合もあります。そのため、カードによっては作れない可能性もあります。

高校生

×

高校生という時点で不可。一浪をしていて19歳でも作成は不可です。

高校専門学生

3年生までは不可。4、5年生ならば18歳以上のクレジットカードに限り作れる可能性も。

中学生

×

中学生は絶対に不可。

 

 

 

学生のクレジットカードの審査

基本的に保護社に収入が全くないや生活保護など何らかの問題がない限りは、審査に落とされることはないでしょう。

 

 

特に学生の場合は1枚目のクレジットカードを手にする方が多いと思います。そのため、信用情報に記載をされているとは考えにくいので、1枚目ならほぼ問題なクレジットカードの発行は審査も甘いので大丈夫です。

 

 

2枚目以降は1枚目の利用などを見られますので少し厳しくなるかもしれないですね。

 

 

学生がクレジットカードを発行するなら、学生向けのクレジットカードを利用するか?普段から買い物が多いショップ関係のクレジットカードをおすすめします。

 

目次へ


クレジットカード 年会費

クレジットカードには年会費がかかるものとかからないものがあります。

 

 

年会費無料のもの。つまり、年会費がかからないものはメリットとしていつまでもお金をしはらうことなく利用ができます。

 

 

その代り、年会費無料のものは特典もないですので普段の利用に関してポイントがつくだけですね。限度額も大きくないですがクレジットカードの審査に通過をすれば誰でも作れるものが多いです。

 

 

毎年の更新費用がすべて自由に使えると言う点はおススメですが、無料なので還元率や得点のサービスを受けることはできません。

 

 

年会費の必要なクレジットカード

クレジットカードには毎年お金のかかるものもあります。

 

 

契約をするクレジットカードによって様々なのですが、年会費は1万円、3万円、5万円と種類も金額も様々です。正直、これだけの高額を毎年支払いますので持ったないと思う方もいらっしゃるとおもいますが特典が無料のものとは全く変わります。

 

 

海外でのトラブルに対応

ゴールド&プラチナカードと呼ばれる年会費のかかるクレジットカードを持っている場合には会員向けの24時間サポ―トデスクがあるものもあります。

 

 

その場合は会員が何らかのトラブルやカードやパスポートの紛失などの問題が起った際でもトラブルに日本語で対応をしてくれ解決へと導いてくれます。カードの再発行、航空券の手配、ホテルの手配などもお願いをすることができます。

 

 

高いポイントの還元率

ゴールドやプラチナカードを持っている場合には、年会費を1万円や3万円も支払うものがあります。

 

 

そのため、年会費無料のカードの場合は1%しかポイントがつかない買い物も、年会費を支払っているゴールドカードなら3%ついたりします。また、ポイントの有効期限が無くなったりと年会費以上の付加価値が生まれます。

 

 

世界中の空港ラウンジが使える

一部のゴールドやプラチナカードを持っていると世界中の空港のラウンジを利用できます。

 

 

プラチナ会員になると世界120か国、400都市、850カ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能。もちろん優先的に飛行機の乗ることができますし「プライオリティパス」も無料で利用可能です。

 

 

旅行傷害保険付帯でも、万が一の時に頼りになる

海外旅行保険が自動付帯されたカードが多いのがゴールドカードやプラチナカードの大きなメリットです。「渡航に関わる費用に一部に該当のカードで支払った」など海外旅行に対象となる条件で設定をされていることもあるので、出かける前に確認をしましょう。

 

 

 

コンシェルジュサービス

一部のプラチナカードによりますが、「彼女の送る花束を用意してほしい」などの要望にこたえてくれるコンシェルジュサービスを実施しています。

 

 

ホテルやレストランのグレードアップ

一部のプラチナカード以上の会員は、クレジットカード会社が提携をしている旅館やホテルに宿泊すると、客室や料理のアップグレードを受けることができます。コンシェルジュサービスと併用をして利用が可能ですね。

 

 

以前は招待性でごく少数の人しか所有をすることができなかったゴールドカードやプラチナカードも近年では年会費無料のゴールドカードなども登場しており、発行会社も多様化しています。

 

最近の傾向としては、年会費が必要なゴールドカードは「ステータス」と「機能性」をいずれかを重視したものが目立っています。従来のようにゴールドカードの高いステータスを味わいたい方は年会費を支払っても充実したサービスにメリットを感じます。

 

 

しかし、使い勝手を重視するひとは普段よく利用をするお店や店舗、交通機関などが発行をした機能があるゴールドカードを有効に使う意識が高いです。

 

 

 

目次へ


クレジットカード マイル

クレジットカードを利用するなら、マイルを貯めていきましょう。

 

 

マイルは飛行機に乗るときに使うことが可能な単位となっており、クレジットカードを利用しているのは、マイルを貯めるために頑張っている方もいらっしゃると思います。

 

 

そんな時におススメなのが、マイルへの還元率や貯まりやすさが大事です。正直ちょっとしたマイルでは海外はおろか日本でも難しくなりますので、マイルを貯めるためにはあなたが持っているクレジットカードが大事です。

 

 

マイルを貯めたいなら、楽天のプレミアムカードがおススメです。

 

 

<公式ページへ>

楽天プレミアムカード 

 

 

ゴールドカードになりますので、年会費は必要となりますがそこまで高くないのが特徴です。

 

 

1万円の年会費で手厚い保険や世界中にある空港ラウンジを使えるプライオリティパスがつくカードです。

 

 

ほとんどのクレジットカードのプライオリティパスがつく場合は年会費が3万円以上しますが、楽天プレミアムカードはおススメです。

 

目次へ


クレジットカード 作り方

クレジットカードの作り方はとても簡単です。

 

 

インターネットもしくはクレジットカードを作る書類に記載をして審査に申し込みをするだけです。

 

 

あとは審査の結果をまっておけば良いです。基本的に今までにクレジットカードを作ったことがない方や20歳になったばかりの方ならすぐにクレジットカードの発行は可能です。

 

 

中には審査が甘いものもありますので、そのあたりを狙っていくといいかもしれません。

 

 

しかし、クレジットカードに気になる疑問などもあると思いますので、ここではクレジットカードの疑問や質問について書いていきたいと思います。参考になれば幸いに思います。

 

 

クレジットカード Q&A

クレジットカードとはなんですか?

クレジットカードはお金の代わりになるカードです。

 

 

基本的にはお店にこのカードが証拠です。私はちゃんとお金をあとで支払いますというツケ払いをするというイメージになりますね。使い方は主に2つで「ショッピング」と呼ばれているツケ払いと「キャッシング」と呼ばれているお金を借りるためのカードとして2つの使い方があります。

 

クレジットカードの発行費用は?

これは色々あります。

 

 

クレジットカードには年会費がかかるものとかからないものがあります。基本的にはかからない物を利用するほうがメリットも高いと思いますが、年会費がかかるものはポイントの還元率が高かったり、オプションでコンシェルジュサービスがついていたりとメリットの高い方法となっています。

 

クレジットカードを作るために必要な書類

クレジットカードを発行するための書類はいろいろありますが、基本的には銀行口座と印鑑が必要です。あとは身分証明書(免許証、パスポートなど)は絶対にいります。

 

 

しかし、最近は銀行口座なしでも利用が可能となっていますし楽天カードなら配達時にクレジットカードを見せるだけで審査が甘い簡単発行なカードもあります。

 

クレジットカードの発行までにかかる時間

クレジットカードを実際に手に入れるまでとなるとだいたい1週間くらいは見ておきましょう。

 

 

審査に申し込みをしてから通過をするまでにだいたい1〜3日程度はかかります。あとは自宅に届くまでに2〜4日程度となりますので1週間は見ておきましょう。もちろん絶対に審査に通過するとは限りませんのでご注意を。

 

 

以上がクレジットカードの疑問、質問の情報になります。もちろん、審査が甘いカードもあれば厳しいものもありますし種類も星の数ほどありますね。

 

 

このサイトであなたにとって最適なクレジットカードが見つかれば幸いに思います。お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

審査が甘くて年会費無料のクレジットカード
楽天カード新規入会でもれなく2,000円分のポイントがもらえる!

 

 

目次へ

 

 

 


更新履歴

7000ポイントもらえます!

楽天カード

このページの先頭へ